Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

原発・核燃

汚染水ならこちらも大変です


  ◆小出裕章ジャーナル 第26回【六ヶ所再処理工場について】


 福島第一原発の汚染水漏れが問題が騒がれておりますが、当県六ヶ所村の再処理施設から日常的に流れ出る汚染水は、それ以上のものであるということは、あまり報道されておりません。  青森県民、特に六ヶ所村の人達は、莫大な交付金と既得権によって、未だに目先の生活だけしか考えることができなくなっており、核燃施設が村にとって不可欠なものだという考えの人が多いようです。
  しかしながら、近隣市町村や我が八戸市からすると震災以降は、地域振興としての核燃施設という考え方よりも原発や核燃の危険性という観点に変わってきているように思います。  福島原発事故の深刻な現実は、未だに報道されておらず、隠された状態です。六ヶ所村の危険性についても、全く触れられることがなく、どんどんどんどん使用済み核燃料が運び込まれ、高速増殖炉のメドも立たないままに危険極まりないプルトニウムがどんどん生成される再処理施設も再開しようとする動きが止まることがありません。
  今でさえ満杯に近い使用済み核燃料の何万年単位の放射能管理をどうやって安全に管理するかのメドも全く立たないままに事態は危険の増大だけに向けて、歯止めがかからないまま暴走している状態です。
  しかも我が県にある東通原発、そして六ヶ所の核燃施設の地下には、活断層という時限爆弾が存在しているのにもかかわらずにです。


  「六ヶ所村問題」編 田中 優 氏 未来バンク事業組合理事長


 もっと上の二つの動画を見て、この危険な現実を知り、危険を直視したうえに、今の生活のことだけで思考を停止させることなく、広島、長崎の悲劇、そして福島原発事故の現実をよくよく考え、日本人として本当に何が大事であるのかを今一度考え直し、取り返しがつかないことに決してならないよう郷土、そして日本を守っていかなければならないとつくづく思う今日この頃です。
 
 結論としてこうなった以上は、原発や核燃はもういい加減にしてほしいです。
 

  • 2013.09.18 Wednesday
  • 22:17

Comment
まったく仰る通りだと思います。
言い方は不適切かもしれませんが、あの震災が脱原発へ舵を切る好機だったはずなのに当時の政権はその体をなしておらず、原発依存へ突き進んだ前政権よりももっとひどい状況だったこと、ましてその後海外へ売り込みに行くなんて何を考えているのやら・・・でした。
あれ以来、選挙がある度に悩んでしまいます。
  • mackk
  • 2013/09/19 7:34 PM
mackkさん

コメント、ありがとうございます。

実は私自身も震災前までは、石油依存ばかりではということから、やむを得ないと思っていた部分がありました。

しかし、震災を経験した後は、考えもすっかり変わったのですが、政府が全く変わっていないのには失望を通り越し、怒りさえ湧いてきます。
  • takaboh
  • 2013/09/19 7:48 PM
Send Comment